「頭金」とは?

皆様こんにちは!凰建設の森島です。

最近ふと疑問に思ったことがあります。

住宅を建てる際にかかる予算は〇〇〇〇万円。多くの方が住宅ローンと「頭金」を用意して支払いをします。

皆さんの親御さんの世代ですと、金利が高かったためできるだけ頭金を多く用意して住宅ローンの借入額を少なくするというのが普通でした。

今はというと、例えば変動金利は0.5~0.7程度で超低金利の時代。頭金はなるべく使わず、沢山住宅ローンを借りるというのが主流です。住宅ローン減税的にもお得だったりします。

この「頭金」ですが、2つの考え方があると思います。

一つ目は、諸費用や新しく購入する家具・家電に充てるお金のこと。

二つ目は、建築会社に支払うお金のこと。(上記の支出は別途かかる)

この2パターンですが、きちんと把握していないと割と大変な目に遭う気がします。

「頭金」と言えば、皆さんどちらを想像されるのでしょう??

一つ目の「諸費用」とは、例えば住宅ローンの手数料・保証料やつなぎ融資にかかる利息等の銀行さんに支払うお金であったり(ローンの金利に上乗せも出来ます)

地鎮祭・上棟の際に用意するお供え物であったり、引っ越し費用、近隣挨拶費用、家具家電諸々積み重なっていきますと平気で200万円を超えたりしていきます。

お気づきの通り、諸費用とは建築会社に支払うお金ではありません。ですが、家を建てて住むのには必ずかかってくる家づくりの費用です。

建築会社に、「本体価格はいくらですか」「おたくで35坪の家を建てるとどれくらいですか」と聞いても大抵教えてもらえません。

もし、家づくりの為に貯めていた200万円を「頭金」として契約時に建築会社に支払うとすると、

何故か家計簿は-400万円になってしまっているはずです。

家づくりの予算は、本体価格だけ、建築会社に支払うお金だけではとどまりません。

また、戸建てを建てると光熱費、メンテナンス費、固定資産税、、と建てた後にかかるお金も。

家を建てると生涯で家にかかるお金はどれだけかご存知ですか??

家づくりにかかる費用にはどんなものがあるのか、どれだけかかるのか、きちんと把握する事が大切です。もっと言えば、本当にあなたの家づくりに寄り添ってくれる親切な建築会社は教えてくれるはずです。

家づくりの予算立ては生涯の資金計画から。

今の事だけ考えるのではなく、生涯の家にかかるトータルコストを知ると目ん玉が飛び出るかもしれませんが、

30年後も、60年後も、そして皆さんのお子さんたちにも、後悔のない家づくりができる事でしょう!

なぜ建築業界に入ったのか?

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

先日、ブログでご紹介すると良いものを募集しましたら皆様から多くのご回答を頂けましたので、ご紹介致します!

Twitterはこちらをクリック➜凰建設 山下

ブログでご紹介致します!匿名質問箱はこちら♪

皆様のご質問などお待ちしております。


さて、本日は「なぜ建築業界に入ったのか?」

金融・物流・建設・IT・製造・小売・サービス・飲食など様々な業界 職種があります。

その中にある建設業界。

この業界に入ろうと思ったきっかけは、祖父や父も建設業を経営しており、その姿を幼い頃から見てきたがきっかけです。

屋根の上での作業や材料を加工する姿、的確な指示をしている姿を見て純粋に「かっこいい!」越えたい!と思い入りました。

ど根性と忍耐力が必修です♪

住まいづくりには営業さん、設計さん、デザインさん、監督さん、大工さんを始めとする各専門の多くの方々が工事に携わります。

私はその中の監督さんという仕事をしています。

主に「安全管理」・「原価管理」・「工程管理」・「品質管理」という四大管理!!

1つづつご紹介していきたいと思います。

安全管理」では、職人さんが無事故で工事を行えるように健康を気遣うこと、整理整頓、落下物の予測・防止を確実に行うことが必要になってきます。

KY活動(危険予知活動)という物もあり、今日の作業で「どんな危険があるのか?潜んでいるのか?」を考えどのように危険を阻止するのか?を全員で周知することで気が引き締まり無事故で作業をすることが出来ます。

原価管理」では、資材を多く発注しない事(発注ミス)などコストカットを適正に行うことが必要不可欠です。そのために材料の拾いだしは正確に行わなければなりません。

材料の拾いだしとは、図面や現場で必要な材料の枚数はいくつなのか?を出す作業になります。(後日、ブログにて詳しくご説明致します。)

工程管理」では、工事が始まる前に工程表を作成して職人さん方がスムーズに作業ができるように決めていきます。工程表があることで、実際に進んでいる進捗と照らし合わせながら工程の調整を行います。また工期が遅れていた場合にも迅速に対応をすることが出来ます。

業者さんとの打ち合わせを念入りに行い、工期内にどのように納めるのか?必要な材料の搬入日なども決めていきます。

品質管理」では、決められた工法で施工されているのか?指定された釘やビスを使用しているのか?弊社では特に断熱を適正に施工されているのか?気密処理は確実に行ってあるのか?を確認をし丁寧に確実に施工をしております。

また第三者機関 JIOさん(住宅瑕疵)に検査をして頂く事で施工不良を徹底的に無くしていきます。

この他にも監督さんはお施主様との打ち合わせ、業者さんとの打ち合わせ、設計さん・デザインさん、との打ち合わせを念入りに行い家づくりをしております。


いまの仕事へのやりがいは何ですか?と聞かれたら皆様はどのように答えられますか?

良い給料がもらえるように、仕事を終えた時の達成感、周りに認められた、資格取得(知識 技術を身につける)、自分自身が成長できたこと、誰かのために仕事をする。などこの他にも多くのことがあると思います。

私自身、凰建設で働いていて感じているやりがいを簡潔に書いてみます。

入社してから大工工事、基礎工事、板金工事など様々な分野の作業を行ってきて1番感じたことはお客様に喜んでいただけることだと思いました。また工事が無事に終わった時の達成感(新築、改修)各現場で作業内容が変わってきますが段取り(工程)を明確にして発注や依頼がスムーズに進んでいくこと。

またブログを通してお客様より工事依頼を頂いたこと信頼関係を築き大切なお住まい、夢と想いをカタチにするためSNSでも繋がる。そしてお客様に「凰建設にお願いして良かった!!」と言っていただけることがやりがいと目標だと思います。

私たちはいくつかの現場を担当していますが、お施主様にとって設計さん、監督さんは1人しかいないという責任をもって今後の現場に臨みたいと思います。

よろしくお願い致します。


〜お知らせ〜

11月6日(土)・7日(日)に完成内覧会を開催致します!

11月開催なので外は肌寒いと思いますが、中に入ると、、。えっ!あたたかい!?半袖半ズボンで大丈夫です!!(長袖長ズボンですと暑く感じるかも!?)

完全予約制になりますので、ご予約はお早めにお願い致します。

*画像はイメージです。

ご予約はこちらをクリックしてください。

本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

ウォークインクローゼットは自分にとっての最善か

皆様こんにちは!凰建設の森島です。

私は夜空が好きなのですが、昨晩も綺麗な星空で心が癒されました。満月よりも三日月が好きです。笑っている様に見えるので🌙

本日は私が生活の中で感じたことです。

私はこれまでに3回ほどの引っ越しを経て、広さも間取りも様々な家を経験しました。3回目は最近の事になるのですが自分にとって何が不便か、どんな家だったらいいなというのをすごく考えるようになりました。

一つ目は、水回りの開き扉が使いにくい!

引き戸であれば開けておくと邪魔にならないのですが、開き戸は開けておいても邪魔になります。いっそのこと扉を外してしまいたいくらいです。私は生活感を見られるのが恥ずかしいタイプではないので、もし自分が家を建てるなら極力水回りの扉は無くしたいです。(その代わりきちんと収納できるようにというのが条件)

トイレも、海外の洗面脱衣所の中にあるタイプ ↓ ↓ ↓ も悪くないと思い始めるところまで来ています。

Chiocca Designトイレ・洗面所の写真はこちら – Houzz

トイレの周りが広くて掃除がしやすそうですし、綺麗にしておこうという向上心が芽生える気がします。(綺麗にすることを向上心と言っている時点で先は長そう)

二つ目は一つ目の派生ですが、扉付きのクローゼットが使いにくいと思ってしまいました。

ウォークインではなくて、賃貸でよくある ↓こんな風に開くクローゼットです。

収納生活 NANKAI収納・クローゼットの写真はこちら – Houzz

私は今までは自分の部屋に 箪笥 ドン!ハンガーラック ドン!という感じで生活していたので、扉を開いてカラーボックスを開いて、というのが面倒に感じます。箪笥生活の方が長いので比較するのは早いかもしれませんが、箪笥の良さ(使いやすさ、 収納量 、長年の愛着)を見直しています。

そしてこのクローゼットの扉も外したい病にかかっています。もしも隠したい時が来た時の為にロールカーテンくらいがいいかもしれません。

最近は寝室から入るウォークインクローゼット、もしくは洗面とつながるウォークインクローゼットといった、服・その他いろんなもの をまとめてしまえる収納部屋というのをつくる事が多いですし、人気です。

私はまだウォークインクローゼットの生活はしたことが無いのですが、一度囲われた部屋(ウォークインクローゼット)に入って服を選ぶというのが、自分に合っているかはもう少し暮らしの想像や体験が必要かもしれません。

世間の最適解とされるものがお客様の暮らしに合うかどうかは要検討です。

折角の注文住宅、自分の暮らしに寄り添う家をつくるためには、いろんな建築会社を見たり、写真を見たり、その上で自分を研究することも大切な家づくりの道中ですね。

そういえば、自分で洗濯機を回して洗面物を畳むようになると、洗面脱衣の中に洗濯物を畳むカウンターと収納があるといいな~~と毎日思うようになりました。

家事をするようになると毎日忙しく、そして家の色んな事に気が付くようになりました。

やはり人間はいろんな体験が必要ですね。

暮らしの実体験は出来ませんが、凰建設で建てさせていただいた完成したお家をご覧いただける完成内覧会も予約受付中です!

開催日:11/6(土)、7(日)

場所:岐阜市内(ご予約いただいた方に案内図をお送りします)

自然素材の家の住み心地、無垢のフローリングの気持ちよさ、そして寒い冬の過ごしやすさ(暖かさ)、これらは写真ではなかなか伝えるのも難しく、数字を聞いても良く分からない所。

是非体験しにお越しくださいませ♪

ご予約はこちらから♪ →→→ 完成内覧会申込書フォーム

S様邸 改修工事 (解体)

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。


S様邸では1部屋を和室から洋室にする改修工事を行っています!!

今回の改修工事は2階ということもあり階段を登ったり降りたりと少し大変な工事になりますが、養生をして工事を進めていきます。

既存の和室、天井・床・垂れ壁を解体して下地から施工を行うとお住まいの躯体(構造材)が見えてきます!

改修工事の現場で丸太の梁・桁などを見るのですが、本当にほんとうに感動しますね。

なかなか見ることができない躯体を見るとお客様もすごい!!こんなふうになっているんだ!と仰っていました。

来週から、いよいよ工事が始まっていきます!

どのように変わっていくのかとても楽しみですね♪

発注の確認をしながら念入りな打ち合わせをしていきたいと思います。

よろしくお願い致します。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

快晴の土台伏せ

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

今日も快晴で暑い日でしたね。10月に入ったというのに最高気温は30℃!朝晩は20℃前後と1日の温度差は10℃ほどという日もありますね。

温度差が激しいと体調を崩しやすいので十分お気をつけくださいませ。


新築現場 I様邸では、土台伏せを行いました!

土台伏せってなに?と思われると思います。

土台とは基礎の上に取り付ける材料です。また、住宅の重さを基礎に伝えるものです。土台を伏せることから、土台伏せといいます。

基礎の上に基礎パッキンというのを敷き並べその上に、土台を設置していきます!

土台伏せを行う際も継手部分に気密処理を丁寧に確実に施工しております!

高気密・高断熱、熱橋となる場所は基礎工事の時点から行い多くの職人さんが丁寧に施工してからこその高気密・高断熱だと感じます。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

新築工事 養生が引き上げられました!

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

メルマガなどでもご紹介されています!

11月6日と7日(土曜・日曜日)に完成内覧会を開催致します。

生づくりの床のいい香り♪ 幻の漆喰の香り♪

11月開催なので外は肌寒いですが、中に入ると…。

えっ!あたたかい!?半袖半ズボンで大丈夫です!!(長袖長ズボンですと暑く感じるかも!?)

完全予約制になりますので、ご予約はお早めにお願い致します。

ご予約はこちらをクリックしてください。


さて、新築工事のお住いでは養生が引き上げられました!

養生というと床・化粧柱・住設・建具など傷から守っています。

なので、現場に着くと養生剥がしから作業がスタート!丁寧に進めていきます。

養生を剥がすと、木くず・パテの残りなど毎日掃除をしていても残っています。

なので、クリーニングの際に隅々まで丁寧に窓(サッシ)のレールといった細かなところも綺麗に清掃をしております。

やはり、養生が引き上げられ生づくりの床がお見えになると良いですね♪


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

測量機器セオドライトとレベル

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

10月4日は「樹脂サッシの日!」とSNSでは盛り上がっています。10(じゅ)4(し)=樹脂サッシ記念日!?

断熱性能・室内温度の安定・光熱費の削減・結露が発生しにくい などなど!皆様 発信していました。


本日は測量機器セオドライトとレベルについてご紹介致します。

セオドライト!?レベル?など初めて聞く機器だと思います。

セオドライトご紹介致します。

セオドライト(トランシット)という機器は、建設現場や土木現場では必要不可欠なものです。

セオドライトとトランシットの違いは、ほぼ同じと考えてもらって大丈夫です。発祥地が異なりヨーロッパではセオドライト(経衛儀)と呼ばれていましたが、アメリカでは精度より使いやすさを重視して作られたものをトランシットと呼ばれています。

画像 引用元:株式会社 ニコン・トリンブル 様

測量してる人が使っているのを見た事ある!という方も見えるのではないでしょうか。

一体何をするための測量の機器かと言うと、測量する基準(目標物)を水平角度と鉛直方向を測定することができ、この他に水平出し・勾配・鉛直方向の倒れなどに幅広く測定できます。


次にレベルをご紹介致します。

レンズを覗くと視準線を見ながら地盤の水平や、基礎の天端の水平、高低差を測定するなど水準測定に優れています。

画像 引用元:株式会社 ニコン・トリンブル 様

セオドライト、レベルどちらも据え付けるのは少し大変ですが素早くできるとかっこいいですよね!

素早く据え付け、新築現場での測量を行っていきたいと思います。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

犬走りとは?

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

朝 晩と本当に冷え込むようになってきましたね。

夕方から事務所で作業してから帰ると肌寒く感じます。(事務所内でも冷房の風が当たるところに席があるので寒いです。)

季節の変わり目は体調を崩しやすいので十分お気をつけくださいませ。


本日は「犬走り(いぬばしり)」についてご紹介致します。

犬走りってなんだろう?犬が走り回る?どういうところに施工するの?など 思いますよね。

犬走りとは、お住まいの周りに砂利やコンクリートで作られた道のことです。幅が犬が走れるくらいの300〜600mmが多く採用されておりGLより高めに施工されるのが一般的です。

昔は雨樋がなかったため雨が降ると、屋根から雨水が落ちてきて縁側や基礎が汚れてしまうため砂利を敷いていたり様々な対策が取られていました。

A.犬走りは建物の汚れを防いでくれる。ぬかるみで足元が汚れてしまうこと、雑草が生えたりすることを防いでくれるのが犬走りです。

現代になりお住まいに合わせてレンガを敷いたりタイルやモルタルなどが使われるようになりました。外構も美しくオシャレに施工されるのが多くなりました。

また防犯対策で音が出る砂利を敷くこともあります。

外観も美しくオシャレに♪


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

地盤調査に立ち会いました。

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

各現場へ現場調査に向かいお客様とお話していると、よく山下さんは25.26歳?ですかと仰っていただけます。

いやいや、まだ20歳です!!

まだまだ勉強中ですと言うと皆様に驚かれます。

若く見られた方が良いのか、年齢よりも上に見られるのが良いのか、悩むところです…。


さてさて、本日は地盤調査についてご紹介致します。

まず初めに、よくあるご質問からです!

弊社、Q&Aを森島さんが更新してくださいましたので綺麗にカテゴリ別になりました!ぜひ、ご覧くださいませ♪

本当に見やすくなりました!!下記をクリックしてください。

凰建設 Q&A です。こちらをクリックしてください。


なぜ、地盤調査をするのだろう?一体なんのために??

なぜ、地盤調査をするのかというと建設予定地の地盤が、頑固でしっかりしていないと将来、お住まいが傾いてしまったりする恐れ。お住いや基礎に亀裂やひび割れなどが発生するなどの重大な影響が出てしまいます。

このようなことがないよう地盤調査を実施し、必要に応じて地盤改良を施工しております。

今回の調査はスウェーデン式サウンディング試験と呼ばれる方法で行いました。

鉄の棒を地面への沈み方から地盤の強度を確かめていきます。

地上から何メートルの所に硬い地層があるのかを調べていきます。この作業の後に、お住いが沈まないように地盤改良工事を施工致します。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

冬でも寒くない、高気密高断熱の家づくりのはじめの一歩

皆様こんにちは!凰建設の森島です。

最近朝は少し冷えるようになってきましたね。たまに冷たい風にあたると、今年も冬がくるのかと憂鬱になります。(なお21回目の冬)

高気密高断熱のお家に住む森専務は、いつもお客様に冬の朝に【寒くて】布団から出られないというのがなくなりますよというお話をしています。

先日OB様のお宅に訪問した際に、同じことをおっしゃっているのを聞いて、完成前に聞いていた夢のような、まだちょっと半信半疑のような生活がきちんと実現して、満足を得られるのは良い家づくりだなあと実感しました。

それでも暑い、寒いの感覚は人それぞれです。人より暑がり、寒がりという自覚がある方は多いですが、何度以上で暑いと感じる、寒いと感じるというのを把握している方はそうそういません。

日常生活でそこまで温湿度計を気にしているのは私の上司くらいです。

ですが、そこをご自身で把握して設計者に伝えられると、住んでからの【思っていたより】暑い、寒いというのをなくせます。

資金計画をきちんとすることと同じですね。数字できちんと示すこと。暑くない、寒くない家で生活したい!と家づくりを始められた方は、まずは温湿度計をこまめに見る癖をつけてみましょう♪