上司がYouTuberになりました。

皆様こんにちは!凰建設の森島です。

先日畑の上をトンボたちが飛んでいるのを見て、あ~~秋だ~~って思いました。

とんぼと言えば長渕剛。ただのアメトーークの見すぎな気がします。

ところで皆さんは愛知目標というのをご存じでしたか?私は正直知りませんでした。

この愛知目標というものは、2010年に愛知県で開催されたCOP10で制定された目標です。生物の多様性や自然を守るため、2020年までに20個の目標を達成しようというものです。

この取り組みがあったことを、目標が達成できなかったよという記事で知るというなんとも意味のない発見です。

住宅業界で言う、2020年までに新築のZEH率50%を達成できず、ずるずる先延ばし…みたいなことですが、知っていて取り組まない人、それ以前にそんな取り組みやってたのねという人のおかげでなかなか政策が進まないんですね。

今は「2030年までに新築住宅・建築物について平均でZEH・ZEB相当となることを目指す」としています。

ZEHとは、家が消費するエネルギーよりも創り出すエネルギーの方が多くなる家のこと、ZEBとは、そのようなビルのことです。

①6地域ではUA値0.46以下
②一次エネルギー消費量を、省エネ基準より20%以上削減すること
③再生可能エネルギー(太陽光発電など)導入
④①~③により、基準一次エネルギー消費量から100%削減

この4つがZEH要件となっています。

建物の性能を上げたり、太陽光を載せることは余分にお金がかかってきますが、ライフサイクルコストを考えたり、自分が建てる家の資産価値の話、世界の住宅事情等、家づくりについて正しい情報を知っているのと知らないのとでは選択は変わってくるのではないかと思います。

ぜひ、凰建設YouTubeをご覧ください。↓

家づくりも環境問題も先のことに目を向けて、自分のために、地球のために質の高い情報を取り入れていきたいです。

ちなみに達成できなかった愛知目標は来年の5月に、今度は2030年に向けた目標を決めるんだそうです。

環境問題はもう他人事ではないので、自分も世界の動きに敏感でありたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です