住む場所をシェアする

皆様こんにちは!凰建設の森島です。

今日はシェアハウスについての記事を見つけました。

都市部ではシェアハウスは人気があると聞いていましたが、地方でも他人と住む場所をシェアするというのが浸透してきているようです。

日本シェアハウス連盟の調査によると、現在は全国に約5100棟、そのうち7割が東京都内にあるんだそうです。

シェアハウスの支持層はやはり若者です。

シェアハウスでの暮らしを映したテレビ番組などの影響もあって関心が大きいです。

全くの他人と住み始めるケースも少なくないようです。

家賃を抑えられるのは大きなメリットですし、

家に帰ると誰かしらいる、時にはみんな集まって晩酌、一人になりたいときは自分の部屋に、みたいなゆる~い繋がりが心地よいのだと思います。

住む場所のあり方も住む人の考え方によって多様化してきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です