真面目に家づくり

凰建設の森島です。

皆様、明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

お正月もコロナウイルスの影響で、初詣は1月1日に集中しないようにと言われて

参拝客が分散傾向の神社があったり、逆に1月2日に集中してしまう神社もあったようです。

コロナウイルスの感染拡大をなんとか抑えようと、様々な社会のルールができています。

守る人もいれば守れない人もいますが、

建築業界にも同じことが言えます。

住宅の気密をしっかりして隙間風がないようにすること、気密が取れた上で壁体内結露を起こさないための壁構造の考え方、なぜ結露は起きるのかなど、

今の建築業界ではできる会社とできない会社がありますが、建築士の資格の勉強をしていて、序盤も序盤でこの話が出てきたので、専務がいつも言っている真面目に家づくりをしているだけの意味が分かりました。

建物の設計の基本のルールを守っているか守れないかですね。

私も基本をしっかり押さえて、真面目に家づくりに取り組んでいきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です