ウッドショック

皆さんこんにちは!凰建設の山下です。

学生時代の同級生と久しぶりに話していたら、ウッドショックの影響やコロナ禍での仕事の進み方などを話していました。

今回はウッドショックを共有したいと思います。まず初めにウッドショックとは、木材不足による価格高騰化=国外から輸入している木材が足りなく届かないため価格が高騰していることです。

実はウッドショックが起こるのは今回で3回目だそうです。1回目は1990年頃にマレーシアとアメリカが天然木保護運動が活性化した為に森林伐採・輸出を規制した。2回目は2006年頃インドネシアの森林伐採の規制。

3回目は今年 2021年に在宅時間が増えた為アメリカでのDIYブームが起こった。また中国の木材爆買いや、運送に使用するコンテナ不足が原因となっています。

ウッドショックってことは凰建設も着工が遅くなるんじゃ!?家が建たないんじゃないの…?と思われているかもしれません。

しかし弊社では地元の木材を使用しているため、ほとんど影響はありません。

杉の板張り天井や外壁材、建具などの所で地元の木を使用して施工しています。

そのため家の中に入ると杉のとても良い香りが致します!

これからの住宅業界は檜(ヒノキ)や杉といった国産材の需要がもっと高まっていくのかなと思う日々です。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

新築工事・改築工事・改修工事(リフォーム・リノベーション)など様々なご相談・お困り事などお気軽にお問い合わせください。

凰建設 電話番号➩058-243-2173

来場予約について➩こちらをクリック♪

メルマガの申し込み➩メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です