コンクリート打設前に確認を

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

今日から2月に入りましたね!

2022年が始まってから、もう1ヶ月過ぎたと思うと1日1日(1分1秒)を大切にしていきたいと改めて感じました。

にしても、外はまだまだ寒いです…。そろそろ暖かくならないかな……。


さて、本日は外構工事の犬走りコンクリート打設!

先日整地→型枠まで施工したので、ワイヤーメッシュを取り付けていきます。

かぶり厚が50mm取れるようにスペーサーブロックをワイヤーメッシュの下に置いていきます。

なぜ?50mm必要なんだろう…?と感じますよね。

これには理由があるんです!

まず、かぶり暑さとは鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことです。コンクリートの表面から鉄筋の表面までの距離の事をいいます。

かぶり厚さを設けないと鉄筋は酸化によって錆びてしまいます。そうなると鉄筋は錆びボロボロになってしまい強度が急激に低下してします。

そのようなことが起こらないよう、かぶり厚を設け鉄筋をコンクリートで覆い水に接触することがないようにしています。

コンクリートを打設して押さえて、仕上げていきます。皆様、朝早くからの作業ありがとうございます。

養生期間を設けた後、型枠を外していきます。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です