今年初のコンクリート打設

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

今日から仕事始めでした。

午前中はコンクリート打設を昼からは各現場へ挨拶まわりなど

それからは事務所で書類を作成

2月中旬から外構工事が4件ほど始まるので、工程表の作成や業者さんと打ち合わせをしていきました。

やる気はあるのですが、年末年始にゴロゴロしすぎたせいか体がついてきません…。

ブログを書きながら仕事大好きモードに入っていきます!!


さて、本日はコンクリート打設を行いました!

朝早くからポンプ車がブームを伸ばして準備をしていきます。コンパクトに格納されていたものが空高く伸びていくのは迫力がありますね!

初めて見た時は、ここまで伸びるのか!と驚きました。

8時過ぎから生コン車も到着して作業始め️🔥

生コン車からポンプ車にコンクリートを流し基礎に流していきます。しかし、ただ打設していくだけではいけません。

バイブレーターというものを使い、コンクリートを振動させながら空気を抜く作業を行っていきます。なぜ、振動させるのかと言うとコンクリート中に空気が入っていると、空洞になってしまう恐れや密度が低下するというデメリットが多く発生してしまうからです。

これは生コン車の方とポンプ車の方、基礎屋さんとの連携が必要不可欠に!意思疎通をしてからこそ綺麗な基礎ができていくのだと感じました。

今回はベース部分と立ち上がりの一体打ちで施工を行い継ぎ目のない丈夫な基礎ができていきます。

この他に、二度打ち(打ち継ぎ)という工法もありベース部分のコンクリートのみ先に打設をして養生をし固まったら立ち上がり部分の打設をする。

どちらの工法も丈夫な基礎が出来上がります!

打設後はコテを使いながらコンクリートを押させていき均していきます。木ごて、金ごてを使い仕上げていきます!コテの全体を使ったり端の部分を使ったりプロにしか出来ないですね。

最後に基礎全体を養生して、養生期間を設けます。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です