ゼンダー換気を勉強して

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

まだまだ寒い日が続きますね☃︎

天気予報を見ていると雪マークが…。

そろそろ暖かくなって欲しいです。

高気密高断熱のお住まいの方は1年中快適な住まい


本日は、Zehnder Comfohome200(ゼンダー換気)をご紹介致します。

まず初めに尾張一宮のパッシブハウスで採用されたゼンダー換気システム勉強会に参加させて頂きましてありがとうございました。

『パッシブハウス』それは夏は涼しく·冬は暖かい家、光熱費を抑えたい、コストパフォーマンスを最高なお住まい。

(-20℃にもなる極寒でも暖房なしでも過ごせる。)

世界レベルで省エネ·高性能住宅です!

弊社、完成内覧会やモデルハウスにご来場頂きました方はご存知だと感じますが、本当に暖かいですし光熱費も抑えられています。

森専務のメルマガでも紹介がありますように『断熱と気密』はお金を掛けた方いい

+@熱橋をなくす事、性能の良い窓を採用、窓の向き、熱交換換気 など


さて、給気冷暖房 全館空調のZehnder Comfohome200 (ゼンダーコンフォホーム200) に入ります。

ヒートポンプ式冷暖房と熱交換換気システムが一体になった、ヒートポンプ式全熱交換換気システム。

冷房・暖房・除湿・換気・空気清浄機の全てをゼンダー1台で実現します。

また操作が簡単なタブレットで様々な機能を細かく設定でき、いま現在の状態もわかりやすく表示しています。(すみません、写真を撮るのを忘れていました。)

さらに、スマートフォンからの遠隔操作が可能なので室内の温度調節やエアコンを消し忘れた際などにも良いです。


気になるメンテナンスは、室内ユニットにあるフィルターの交換及び清掃を確実に行う。こちらが一番重要になってきます。

(ゼンダーの性能を最大限に発揮するため!)


また施工をしていきながらご紹介していきたいと思います。よろしくお願い致します!

パッシブハウスの施工事例を見ていたら、『芥見南山パッシブハウスplus』も載っていました!!

どこかで見たことあるようなと思っていたら、弊社のモデルハウスでした。スゴいです( ᵒ̴̶̷̤໐ᵒ̴̶̷̤ )

パッシブハウスの施工事例はこちらをクリックしてください。(PASSIVE HOUSE JAPANが開きます。)


今回の勉強会を通して、パッシブハウスとはどのようなお住いなのか。夏に暑い・冬に寒いという概念が住んでいるとなくなってしまう事。

特に冬場寒くて朝起きれなかったが今ではすぐに起きれるようになった事。結露がしない=窓によく出来る黒いものが発生しなくなった。いつも新鮮な空気が循環されていること。などなど

高性能住宅について、もっと学びたい!日々 高性能を学んでいるのですが、とても楽しいと感じます。

明日はどんなことを学べる!?


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です