ポーチ柱の修繕工事

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

会社のLINEは早く返信くるけど個人携帯のLINEの返信は遅いなぁ・・・とよく聞きます。(言われます。)

元々、電話やSNSはしない人なので放置状態です。まず携帯を触らないことが多い?です。

すみません・・・

会社内で新築や改修工事(リフォーム)の監督を任せてもらっているので、会社のスマホはこまめに確認して何時も早く返信するように心掛けています。遅くなってしまったら忙しいのかな?と思って頂けると嬉しいです。


なんだかよく分からない前置きでしたが、本日は玄関のポーチ柱 修繕工事について!

お電話から玄関ポーチの柱が傷んでしまっているので見に来て欲しいというご連絡でお伺いさせて頂きました。

実際に見てみると割れてしまっているのかな?叩いて確かめてみると軽い音がする・・・

取れそうでしたので外してみると、一体どのようにしてこのようになったのか?

木部の部分は水を吸ってしまいボロボロになっていたのでパッチンを咬ませて地面との接地面を空けて防蟻処理を行い板金で仕上げる方法を採用致しました。

まずは原因を追求してから新たに施工をする方法をご提案させて頂きました。

既設の柱を取り除く際にジャッキアップをしている間に撤去し、新たな柱へと取り替えます。

ここで、レーザーで水平を見ながら丁寧に施工を進めて行きました。

下地の状態は今しか見れないのでこのように施工しましたよ。という記録をしながら板金工事へ引き継いでいきます。

板金の模様や色など全て凰さんに任せるからお願いね。と言われておりましたので、このような模様からお選びいただけます。いま現在の外壁と違和感や浮かないようにこちらはいかがでしょう?

色は玄関ドアがこの色ですから玄関ポーチはこちらの色になるとイメージとしてこのようになります。

施工後にこうじゃなかったのに、私の思いと異なっているなど感じないように事前の打ち合わせが大切になってきます。

板金工事が無事に終わりカッコよく仕上がりました!!

今回は8山のニスクカラーGHK01(01)を採用致しました。

落ち着いた色で引き締まった重圧感な仕上がりになります。

ご近所さんからも大変好評です!と喜んでいただけて嬉しく思います。ありがとうございました。

板金の色と言っても様々な色があるので悩んでしまいますね・・・。

ブラックやグレー、アイボリー、グリーン、シルバー系など

この色にするとイメージがまた変わるなぁ、あ!これも良い色だ!!楽しくお選びいただけたら幸いです。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です