丁張り

皆さん、こんにちは!凰建設の山下です。

「3日・3ヶ月・3年」という言葉を聞いたことがありますでしょうか?3日我慢すれば3ヶ月は耐えられる。3ヶ月耐えれれば3年は頑張れる。という意味があります。

日数でいうと、3ヶ月は約100日。3年は約1,000日あります。初めは何も出来なくても毎日、地道にコツコツと努力していくと少しづつではありますが、知識や技術的な向上をする為の基盤を作り上げていきます。

私も、1日1日を大切にし少しでも成長できるよう頑張っていきたいと思いました。


さて、本日は新築現場の丁張りを行いましたのでご紹介致します。

まず初めに丁張りとは、建物を作っていく上で基準となる工作物です。これがないと基礎工事が進みませんので、とても重要なものになってきます。

(丁張りです。)

杭をカケヤで地面に打ち込んでいく…入社当時は、なかなか打ち込めなく苦労しましたが、今では垂直に打ち込めるようになりました。現場監督さんに上手く打ち込めるようになったなと言われた時は、とても嬉しく思いました。


本日もブログをお読み頂きありがとうございます。

今後とも、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です