上棟は気密と断熱も!

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

今年も残り1週間!

もう1週間しかないの!?と思う方や、まだそんなにもあるの?と思われる方も

1日1日大切にしていきたいと感じます。


本日は上棟を迎えました!K様邸をご紹介致します。

山県市の方面で、朝は霜が降り雪のように真っ白でした。☃

真っ白になっている養生のブルーシートを外していくと寒すぎて手がかじかみます((>д< ;)))

上棟前にお施主様(お客様)とお住まいの周りに清明水 などをまいて清めます。

そして作業に入る方、お施主様方と乾杯をして柱建てを行っていきます。1番初めの柱を建てるのは記念に残りますよね♪

無事に柱建てが終わり皆さんと記念撮影をして いよいよ作業開始!安全第一で頑張ります🔥

上記の写真を見ていただくと通し柱には金物が付いています。

ここは気密・熱橋になりえる箇所になります。なので、パッキンを取り付けることが弊社では標準です。言われなくても当たり前にパッキンを付けれることが良いですね!

さらに梁が取り付けられた後に気密テープを取り付け1mmの隙間も逃しません!!

お昼頃にはお住まいの形が分かってきました。

いつも感じることですが、ほんとうに感動的ですよね(⸝⸝⸝ᵒ̴̶̷̥́ ⌑ ᵒ̴̶̷̣̥̀⸝⸝⸝)

作業開始前は基礎の上に土台の材が取り付けてあるだけでしたが、こんなにも大きく変化すると”スゴすぎる”と感じます。

大屋根では、断熱を取り付けコンパネ➜透湿防水シート、通気層となっていきます。(下記写真参考)

コンパネには、きちんと釘が打たれているか?釘のピッチは?使用されている釘は?など確認をして施工写真を撮っていきます。

作業が進んでいくと見えなくなる部分ですが、見えないからと言って手を抜くのではなく確実に施工を行います。

大屋根、下屋根共に高性能グラスウールを敷き詰めていきました!

小屋束のところをは切り欠き隙間なく施工を行なっていきます。隙間ができていると断熱欠損となってしまいます。

細かなところまで当たり前に施工をするのが凰建設です。

今回は上棟の際に森専務が不在でしたが、断熱の施工や気密処理は当たり前に出来ることが良い事だと感じます。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です