型枠検査を行いました!

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

秋は台風が多いですね・・・

台風ではなくても前回の豪雨で現場に設置しているゴムマット(まぁまぁ重いもの)やカラーコーンなどが移動してしまっていたので、今回は経験を活かしてゴムマットは1箇所にまとめてカラーコーンは重しを多めに載せて対策を行いました。

その他にも保安ボックスや仮設トイレなど暴風で転がって行かないようにロープで固定も行い台風対策は万全です!と言いたいです。

しかし、風を受ける面があるため仮設トイレに杭で固定やロープで固定してあっても不安はあります。

あの現場は大丈夫かな?ここの現場は足場を設置してあるからメッシュシートは畳んであるけど・・・

何事もなく通過して頂けると良いです。


さて、本日は型枠検査について

型枠検査は担当の設計者さんも現場に来られて、図面通りにアンカーボルト・ホールドダウンが配置されているか?本数はあるか?

配筋のピッチは正しく施工されているか?かぶり厚さは確保できているのか?

基礎断熱の施工のやり方を確認は良いか?鉄筋の定着長さは?

この他にも多くの検査箇所があります。

基礎屋さんも検査の時はドキドキです。

結果は無事合格!

基礎屋さんとホッとしてコンクリート打設を迎えます!!

※今回の基礎は立ち上がり内側に100mmの断熱を施工、外側に50mmの断熱を施工しています。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です