大規模リフォーム(外部断熱⑤)

皆さん、こんにちは!凰建設の山下です。

今年は、例年よりも1日早い2月2日(火曜)が節分の日!理由は、立春の前日が節分の日だからだそうです。節分の日は、ずっと2月3日だと思っていました…。

また、節分が2月2日となるのは、1897年以来であり124年ぶり!

今年の恵方は南南東やや南向きです。

鬼は外!福は内!!以上、豆知識でした!


本日は、桁と断熱の隙間、桁とサイディングの隙間、ボルト(羽子板)の座掘りの隙間を埋める作業をご紹介致します!

下の写真を見て頂くと、気密テープやコーキング、ウレタンを用いて施行しているのがお分かりいただけると思います。

(青色の○が桁と垂木の隙間をコーキングで塞いだ物)

(赤色の○が羽子板のボルト(ナットや座金)が、木材の面から飛び出さないように施行してある座掘りをウレタン・気密テープで塞いだ物です。)

上の写真の作業が終わりましたら、グラスウールを取り付ける作業を行います。(赤い四角の中にあるモコモコした白い物です。)

*グラスウールとは、ガラス繊維でできた綿状のものです。断熱・吸音・遮音効果があります。

その下に、コーキングも施行しているのですが、空気の通り道(通るかもしれない所)に施行をさせて頂きました。

ここまで作業を終了しましたら、いよいよ断熱材を取り付け、上端に気密テープを取り付けます。

(桁と断熱の隙間にグラスウールの上端に気密テープを取り付け、気密・断熱性を確保します。)

*外部に取り付けている断熱の厚さ100mmです!

最後に、断熱の継ぎ目などに気密テープを貼ります。また、垂木にできた隙間にウレタンを致します。

このような作業が終わりましたら、透湿・防水シート(タイベック)を取り付けます。

以上がただいま、外部断熱で施工させていただいています。作業の一連をご紹介致しました。


この他のブログも、お時間のある際にぜひご覧くださいませ♪

凰建設 スタッフブログ! ←↓こちらをクリック

または、凰建設 ホームページ


新築工事・改築工事・改修工事(リフォーム・リノベーション)など様々なご相談・お困り事などお気軽にお問い合わせください。

凰建設 電話番号➩058-243-2173

来場予約について➩こちらをクリック♪

メルマガの申し込み➩メルマガ登録


本日も、ブログをご覧頂きましてありがとうございました!今後とも、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です