大規模リフォーム(天井裏①)

皆さん、こんにちは!凰建設の山下です。

誕生日を迎えたら、中型免許を取得する予定なのですが、大型免許を取得した方が将来性もあるなぁ!と思い始めた山下です。


本日は、天井裏の吊り木(釣木)を取り付ける作業を行いました!

吊り木とは、梁や桁から天井を支える為に吊るために用いる材です。

天井裏に、グラスウールを450mm吹き込む予定です。グラスウールの重みで、天井が下がらないよう吊り木の本数を増やし補強致しました。

グラスウールの吹き込みを行うことで、隙間のない施行が可能です。なので、高気密・高断熱のお住いが造り上げれます!!また、吸音効果もあります!

現在、敷いてある断熱の下は2階部分の天井です。(この上に乗ると割れてしまいます。)なので、誤って体重を掛けないよう細心の注意をして作業を行いました。

今後も、安全第一で作業を行って参ります。


本日も、ブログをお読みいただきましてありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です