大規模リフォーム(通気胴縁②)

皆さん、こんにちは!凰建設の山下です。

最近、会長が着てそうな格好をしているな!と先輩方から言われます。コロナが流行してから会う機会減ってしまいましたが、会長がいつも言っていた「無駄のない行動」を日頃から心掛けていきたいと思います。

無駄のない行動をする為に、作業の一連を常に考えることが必要であり、分からないことは質問をして解決することが大切な事だと強く感じました。


さて本日は、通気胴縁②をご紹介致します。

プレミア断熱ビスを、インパクトドライバー(打撃 電動工具)で柱・間柱に固定するためには、芯墨を出さなければなりません。そうしないとビスを打っても空回りして固定できないからです。

下の写真を見て頂くと、(青い色の線)幅の広い方が柱・幅の狭い方が間柱です。その間に赤色の線が芯墨です。

墨出しの作業を、しっかり確実に行わないと斜めに取り付けてしまったりと問題が多々発生してしまいます。

次に、通気胴縁の間隔です。

1尺5寸ピッチで取り付けています。透湿・防水シート(タイベック)の繋ぎ目から1尺5寸ピッチで基準となる墨出しを行います。

レーザー照射器というものを使用して墨出しをする場合もあります。レーザー光をあて、その線に沿って墨を出し、建物の柱・壁・天井・床が直角・水平かを確認することが出来ます。

上記の作業を全て行うことで、ピシッと曲がったりせずに取り付けることができます。


この他のブログも、お時間のある際にぜひご覧くださいませ♪

凰建設 スタッフブログ! ←↓こちらをクリック

または、凰建設 ホームページ


新築工事・改築工事・改修工事(リフォーム・リノベーション)など様々なご相談・お困り事などお気軽にお問い合わせください。

凰建設 電話番号➩058-243-2173

来場予約について➩こちらをクリック♪

メルマガの申し込み➩メルマガ登録


本日も、ブログをご覧頂きましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です