子供室の間仕切り工事

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

この時期になると”花粉が辛い”という方もいるのではないでしょうか。(゚ρヾ)ゴシゴシ

ちなみに山下も花粉症です。(でした?)

しかし、凰建設に入社する前は毎年ずっとくしゃみをしていたのが、今ではほぼ無くなりました。

これは高気密高断熱の性能と幻の漆喰の効果ではないのか!?と感じています。

『住んでますます健康になる家づくり』

室温が一定で毎日快適に熟睡できることが理想ですが、なかなか難しいことも事実。

断熱性・気密性に自信を持って、弊社で施工します!という工務店さんやハウスメーカーは日本全国探しても多くはありません。

アフターメンテナンスにお伺いすると、『普段の室内温度は28℃ですが快適に過ごせています!また、光熱費が格段に抑えることが出来ていて驚きです!!』というお喜びのお声を頂いております。

実際に住んでみて快適さが実感できるのですね。

定期的に内覧会を実施しておりますので、是非ご参加くださいませ♪

最短では4月16日(土曜日)・17日(日曜日)!!

高気密高断熱のお住まいで、パッシブ換気 採用のお住まいになります。

お申し込みはこちらをクリックしてください。

※こちらをクリックしてください。

さて、本日は子供室の間仕切りについてご紹介致します。

その前に子供室は必要なのか?不要なのか?というご意見もあります。

ここは難しいところです。

私は、寝る時くらいしか最近使っていません。勉強する時もですね!あとはリビングにいる感じです。( ´ ω ` *)

最近多いのは、1つの部屋として子供室を設ける、ロフト部分の空間を子供部屋として活用といった共有スペースを採用する方もいらっしゃいます。

また、新築を設計する際に大きな子供室を設けて、将来 間仕切る計画をする。そうすることで、予めサッシの配置やエアコンの配管等、考えることが出来ます。

今回は1つの大きな空間を3つの空間に間仕切り壁を施工する工事になります。

1番初めに建具枠を組みたてを行い、図面から実際にカタチにしていきます。

カタチにすると図面ではイメージできていなかった所が、より明確にわかるようになり、ここはこんな感じにしたい 等、お早めに現場担当者にお伝えいただければ変更することが可能ですので、よろしくお願い致します。

私も大工さん(助手)として、下地を打ったり墨を出したりしていました。やはり、体を動かす事は楽しいですね♪

両サイドのお部屋はお子さんが使い、真ん中のお部屋はクローゼットルームとなります。

現在は在宅ワーク(オンライン授業)が多いのでお子さんのお部屋が必要です。という方も多いのではないでしょうか?

凰建設では、様々な工事を承っておりますのでお気軽にお問い合わせくださいませ。

次は電気配線を行い、プラスターボードを取り付け➜巾木、廻子➜クロス貼り➜器具取り付け➜クリーニングとなっていきます。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です