寒がりさんと暑がりさん

「コンパスの磁針が示す北と真北は一致しない」を覚えました。凰建設の森島です!

まだ5月ですが、夏のような日差しがじりじりと照っております。皆様水分補給はこまめにし、体調管理には十分お気を付けください!

先週、先々週のまだ肌寒い気温の頃に、こんな光景がありました。

まだ寒いのでひざ掛けをしている寒がりの私。その横には半そでを着て汗ばむ暑がりの専務が。

寒がりさんと暑がりさんは同じ家でお互いが快適だと思える生活ってできるの??

奥様は冷え性で寒がり、旦那様は暑がりなんてシチュエーションは少なくないと思います。

凰建設で建てさせていただく家は高気密、高断熱を徹底した高性能な家です。

普通の家での寒いは耐えられないほどの寒さですが、高性能な家での寒いはちょっと寒いかな~どうかな~という程度なんですね。

暑がりの旦那様は裸足で丁度いい。奥様は靴下を履いてみれば、あら丁度いい、快適と思える程度の温度なんです。

凰建設ではお施主様の快適だと思える室内温度になるように設計をしていきますが、夏も冬も低い温度に合わせて計画していきます。

寒いのは上に着ることができますが、暑いのは服を脱ぐのに限界があるからです。

寒がりさんと暑がりさんでも一年中快適に過ごせる家は作れます。

高性能な家に住むだけで、一つ争いごとが減りそうですね。

室内の温度を調整するのに日射取得は重要な要素です。こちらのブログも是非ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です