折半カーポートの『ペフ』は必要なの?

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

新築・増改築(リフォーム、リノベーション)・修繕工事、県営住宅を担当していると、どうしても抱え込みすぎてしまう事があります。(自分で言うのはあれですが…。)

しかし、この工事で何が必要で準備はいつまでに行わなければならないのか?様々ことを漠然と把握をして段取りをしていくと、とてもスムーズに工事が進んでいきます。

という事は・・・着工前の1ヶ月前より段取りしていくと、安全管理・品質管理・工程管理・原価管理の4大管理を確実に行っていくことができます。

早め早めの準備や対策が大切なのですね!

そろそろ、5月着工予定の現場を進めていきたいと思います!!


さて、本日は折半屋根のカーポートについて

ご依頼はカーポートの『ペフ(結露軽減材)』が劣化して、お車に落ちてきてしまうというお問い合わせを頂きましたので、現地調査・実測を行いました。

多くの方が『ペフ』ってなに?結露軽減材は分かるんだけど、これは必要なの?と思われているのではないでしょうか?(・・)??

ペフとは、折半カーポート屋根の内側に取り付けられているスポンジのようなもので、断熱・保温・保冷に優れている物です。

特に折半屋根に使用されているガルバリウム銅板は『熱伝導率が高い』ため、雪が降った際などに結露して水滴が垂れてしまうことがあります。

そうなってしまうと屋根全体がカビだらけになってしまう事や、お車に水滴が落ちてしまうことがあります。

せっかくの屋根付きカーポートに車を入れているのに水滴が付いてしまうのはショックですよね・・・

上記のような事が起こらないように”ペフ”(結露軽減材)”が施工されているのです。

結露対策として効果的なペフですがメリットもあるのですが、やはりデメリットもあります。

今回、ご依頼頂いた折半屋根を見てみると”ペフ”がボロボロになってしまい剥がれ落ちてしまっていました。

風が吹くとヒラヒラ落ちてくるのを見ると嫌ですね。掃除をしても落ちてくる・・・本当にいたちごっこです。

ペフの経年劣化は最短で5年でボロボロになってしまう事や、最長で10年は持つこともあると言われています。

劣化してしまう主な原因は太陽の紫外線や強風で剥がれてしまいます。(地域によっては1年も経たないうちに劣化がしてしまう事があります。)

折半屋根自体は20年以上持つのに『ペフ』が劣化してしまうのはどうしようもないのが現状です。どうしたら良いのでしょうか・・・

今回は既設の”ペフ”を全て撤去し”ケツロナイン”というものを採用して補修を致しました!

えっ!?『ケツロナイン』とは一体なんなのか??

特徴として湿度の高いときには湿気を吸収して湿度の低いとには放湿する”調湿機能”に加えて防カビ性能もある『水性艶消し結露防止塗料』です。

一般的な塗料の塗り厚は0.25mm〜0.5mmになりますが、ケツロナインは1mmの厚塗りをしていきます!

1mmの厚みにする事により1㎡で最大600ml(ビール瓶1本分)の結露水を吸収する事ができます。

※直接水に濡れるところには使用することは出来かねます。ご了承ください。

※調湿効果イメージ図

施工可能箇所としては・・・

折半屋根(カーポート含む)の裏側・体育館の裏側・駅のホーム屋根裏側・工場の屋根などで使用することが出来ます。

気になるカラーバリエーションと!表面の仕上げ模様は下記のようなものがございます!!

意外と様々な塗装方法がありますね🫢!ワンパターンだけかと思ってました。

※イメージ色・模様になります。

これから下記は実際の施工写真になります。

作業開始前に周りの養生・お車1台1台に汚れが付かないように養生を行ってからの作業に入ります。

既設のペフを取るのが、なかなか大変なんです。取りにくいですし取るとヒラヒラ飛んでいくという。

お客様や近隣の方にご迷惑を掛けてしまうので養生は必修です!

養生が終わりましたら既設の”ペフ”を撤去し清掃をしていきます。こちらも高所作業になるのでヘルメット着用は絶対です。

※2022年4月より2m以上の高所作業ではフルハーネスの安全帯着用が義務付けになります。

このような安全管理(指導)も、監督さんの役割になります。

既に剥がれかけている物は簡単に撤去する事ができるのですが、それ以外はガチガチに付いて取れません。

ひたすら上を向いて取っていきますが剥がれてくれない4人がかりで付いているペフを取る人と下に落ちてきた物を拾う人と分かれて作業を行います。

これが1番大変な作業です・・・’

撤去後(下地処理)は、下塗り塗装を行います。

下塗り用の塗料は用途によって使用するものが異なりますので、打ち合わせの際にお知らせ致します。

下塗り塗装後は、十分に乾燥させます。

本日は気温が22℃ありましたので、午前中に下塗りをしてお昼から”ケツロナイン”を塗装していきます。

ローラーやリシンガンを用いて施工していきます。こちらも、ムラや塗り残しがないように丁寧に作業を進めていきます。

※仕上げ方法により使用されるローラー・吹き付け方などが異なります。

職人さん、いつも丁寧な施工をありがとうございます🙇‍♂️✨!!

今回の折半カーポートは『ケツロナイン』を塗装しましたが、この他に折半屋根自体を全て取り替える施工方法がございます。

全て取り替える場合は劣化具合と状態により高額になってしまいます。ご予算に合わせて打ち合わせをお願い致します。

※『ペフ』のみの付け替え(取替)する事ができません。一度剥がれてしまったペフは剥がすことしか出来ません。

※工事完成後
※使用材料検品 写真

『ケツロナイン』については詳しくはこちら!


〜あとがき〜

表面結露が起こると・・・

カビが発生してしまったり、結露した箇所がシミになってしまう事、結露した水滴に埃が付くことでムラができたような現状が起こってしまいます。

内部結露が起こると・・・

こちらもカビが発生してしまう、腐食がしてしまう、剥がれや浮きが起こることもあります。

※木造の場合、結露した状態が続くと柱や土台など躯体を腐らせてしまう原因になります。

このような事が起こらないように住宅であれば、高気密高断熱なお住まいをおすすめ致します。

なぜ気密にこだわるのか?断熱はなぜ?

隙間なく施工をしています!C値はいくつが標準です!断熱はこのように施工しています!!などなど

様々な建設会社さんの中で、『凰建設』は気密と断熱・地元の木(ぎふの木)にこだわりを持って施工させて頂いております。

えっ、、ここまでするの!?やり過ぎだよ・・と言われるくらい!

SNSでは性能にこだわり過ぎて変態だな・・・と話題になっていた等

こだわれば、こだわるほど新しい発見や方法を学ぶことができます!

私たちは日々学んで挑戦して更なる性能向上を目指して家づくりを行っております。

皆様とお会いできる日を楽しみにしております。


〜SNSのご紹介です!〜

凰建設のメルマガです。

毎日18時30分頃にメルマガを発信しております!

家づくりについて情報を発信しています。

『なるほど!』と思ったり『そうだったんだ!』など詳しくご紹介しておりますので是非ご登録下さいね。

今では毎日のメルマガが楽しみになってます。

こちらをクリックしてください。

➜➜➜凰建設のメルマガ登録!


凰建設のYouTubeです。

後悔しない家づくりについて情報を発信しております。

※打ち合わせ中のお客様を最優先でご対応しているため、更新ができていない状態です。ご了承ください。

こちらをクリックしてください。

➜➜➜凰建設のYouTubeです。


凰建設の質問箱です。

家づくりについてご質問など、様々なことを弊社 森専務がお答えしております。

お気軽にご質問下さいね。

※ただいま、大変混み合っております。お時間をいただく場合がございます。ご了承ください。

こちらをクリックしてください。

➜➜➜凰建設の質問箱です。


凰建設のTwitterです。

質問箱の回答などがこちらに投稿されています。

家づくりについて詳しくお答えしております!!

こちらをクリックしてください。

➜➜➜凰建設のTwitter


凰建設のInstagramです。

施工事例や工事中の現場などをご紹介しております。

なかなか更新ができていない状態ですが・・・

更新して参りますので是非覗いて見てくださいね♪

こちらをクリックしてください。

➜➜➜凰建設のInstagram


ご存知の方も見えると思いますが・・・

『山下@凰建設株式会社』Twitterのフォロワーさんが”680人”を超えました‼️

ありがとうございます。🙇‍♂️🙇‍♂️

こちらでも施工事例などをご紹介出来たらな。と思います。ご質問などもお気軽にDMにどうぞ!

目標は年内に1,000人 (ง •̀_•́)ง

ご興味のある方はこちらをクリックしてくださいね。

➜➜➜山下@凰建設株式会社

ハッシュタグは下記です。

#凰建設 #おおとり #岐阜の工務店 #岐阜の木 #ぎふの木 #高気密 #高断熱 #高性能 #注文住宅 #施工事例 #家づくり #気密測定 #こだわり #おっぴーちゃん


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です