断熱実技研修に参加しました。

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

11月に入り17時くらいには暗くて肌寒いですね。

外作業をしているとちょっと待ってくれ〜と思いますが、待ってくれない・・・。

先日、購入したヘッドライトが大活躍中です!


先日、参加させて頂いた断熱実技研修について

断熱施工方法や疑問、不安などを講師の森社長に教えて頂きながら研修に参加しました。

実技モデル棟で床の断熱施工であったり壁、天井のGW(グラスウール)施工性を再確認していきました。

床の断熱ですとカネライトを取り付けて気密テープで数mmの隙間を塞いでいると『さすが凰さんですね・・・』ここまでやるなんてというお言葉を。

あと片付け(最後の復旧)が大変なので気密テープを張りました!という前提で進めていきました。

壁の断熱では今回はGWでしたので、長さをカットして筋交いの部分やコンセント部分を加工して進めていきました。

やはり断熱施工に慣れていると早いですね。

もっと本格的に行う場合、防湿フィルムのジョイントに気密テープを張ったり防湿シートを全体的に施工をして気密を取りたいですが、今回は研修なのでここまでです。

断熱と気密施工はやり始めたら楽しいですね!

ここは断熱欠損になるかも?熱橋は?など、ただ施工するのではなく考えながら行わなければC値0,3を出すことは難しいです。

これからも更なる上の性能を求めて試行錯誤しながら学んでいきたいと思います。

また、研修に参加すると他社さんはどのように施工しているのか?こういう方法もあるんだ!など学ぶことが多くあるので研修など積極的に参加をして私たちの力にしていきたいと思います。

本日は断熱実技研修のご紹介でした。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です