昔ながらの日本家屋 (丸太梁)

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

日中は各現場の管理をして夕方から事務作業をしていると一日が本当にあっという間だなと感じます。

現場管理や作業などやることは多いですが、お客様に喜んでいただけることが1番嬉しいものです!


ただいまG様邸では和室➜洋室にする改修工事を行っています。今回は解体工事を行いましたのでご紹介致します。

いままでの床・天井、縁側を解体して新たに施工するとお住まいの躯体(構造)が見えてきます。

とても大きな丸太の梁!いや…本当にすごい!!

今までもこれからもお家を支えてくれる大切な梁や桁などを実際に見ると存在感抜群!!

お子様たちもじっと見られていたようです。なかなか家の構造を見ることが出来ないので興味津々でした♪

今では丸太をそのまま使うことが少なくなってしまいましたが、このような改修工事でどのように組まれているのか?施工はどのようにされているのか?など私自身も多く学ぶことができました。

次回もお楽しみに!


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です