現場での再確認。

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

先日、工務店さん・業者さんと集まる時があったのですが、多くの方の話をお聞きすることは大切だと改めて感じました。

後輩が入った会社さんの話をお聞きしていたら、先輩となったので自分が教えてもらえなくて困ったことを教えてあげたい。と仰っていました。新社会人になったばかりで分からないことは多くあります。初めてやるから分からないのは当たり前です。

そこで何もしないで、まぁ…いいや。としてしまうのか?ネットで調べたりするのも良いです。

しかし、ネットは全てが正しいわけでもない。先輩も間違っている時もあります。

なので、多くの人の意見をお聞きして、Aさんはこう言っていたけど、Bさんはこうだったな。また、Cさんは違う意見だった。またまた、Dさんはこうだからこうなんだと仰っていた。

Aさん、Bさん、Cさん、Dさんも意見は違ったり、言い方が違います。

多くの意見を聞いて、そして自分で経験して納得できるものを自分の力に取り入れていけると良いですね。

私も未だに分からないことが多くあります。ですので、先輩やお客様からお話をお聞きして学ぶことも多くあります。

完璧な人はいませんが、生きている中で日々いろいろなことを学んで吸収をして、自分自身の知識や技術に変えていきたいと改めて実感しました。

また、前置きが長くなりましたが…。(>_<)


本日は『現場での再確認。』

新築工事、増改築の工事でも言えることですが、現場で作業する前に図面で打ち合わせを行います。

図面である程度のイメージはできますが、実際に工事が進んでいくと棚の高さやコンセントの位置や高さを変えた方が良いかな?また、数を増やした方が良いのかな?と思います。

実際に現場が進んでいくと現場での打ち合わせをお客様と行いまして、メジャー(スケール)を当てながら再度、位置の確認を致します。

棚の奥行はここまであると良いかな?

コンセントの位置はここと、ここにあります。

こっちに変えた方が便利かな?

本当に悩みますよね。私も悩みます…。

どのような納まりにすると、良いのか?使い勝手やデザイン(見た目)も大切にしてご提案をしながら進めていくのも監督さんの役目になります。

打ち合わせをして感じる事は、お客様(相手)の立場になって考えることが必要なのだと改めて感じます。

お客様が考えるイメージ通りにするのは当たり前ですが、またそれ以上にするためには一度、お客様の立場にたって考えてみる。

立場や現場が変われば、今まで見ていた見方(みかた)もまったく違ったものになります。

お客様の立場になって考えると、進捗状況はどうなんだろう。現場は綺麗に保たれているのかな?丁寧な施工をされているのかな?どのような職人さんが入っているのかな?など思われていると思います。

ですので、ブログでも週3で更新していき丁寧な施工を行っていますよ!進捗状況はここまで来ましたよ!!など、疑問や不安が少しでも解決出来たらいいなと思い投稿しています。

皆様、いつもお読み下さりありがとうございます。

本日、お打ち合わせを行いましたT様邸では、外部の2次防水シートを施工して縦横胴縁の通気層を設けている途中になります。

通気層を設けるために、縦胴縁でも横胴縁の通気胴縁だけでもあるのですが、縦と横に胴縁を施工することで通気層が設けられます。


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です