H様邸 躯体検査を行いました!

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

10月の後半になり冬のような寒さです。

私は寒いのが苦手なので暖かい布団や暖かい部屋からは出たくありません・・・。🥶🥶

防寒着ぐるぐるになりたいですが、動きにくいので出来ないですし寒い寒すぎる冬が来てしまいます。


本日は躯体検査について

この検査は一体何を確認するのでしょうか?

第三者機関の日本住宅保証検査機構(JIO)さんによる躯体検査・・・

主に指定されている金物が取り付けられているのか?

ホールドダウン、オメガコーナー、アレントコーナー、スリムビルトなど図面と照らし合わせながら一つ一つ確認していきます。

見えなくなってしまうところは事前に写真を撮って写真帳を作成してきちんと取り付けられていますよ。と検査員さんにお渡ししています。

ボルト系でも取り付けミスはないのか?ボルトのナットは3山以上あるのか?確認していきます。

構造の柱や梁など図面と間違いはないか?面材(耐力壁)を留めている釘の間隔など細かなところまで厳しく確認して頂いて”合格”を貰わないと次の工程に進める事が出来ませんのでドキドキです。

金物よし!締め忘れもない!

柱の位置、寸法もよし!

耐力壁などの釘のピッチよし!

指定された断熱施工よし!

一つ一つする確認ことで安心ですね!


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です