H様邸 配筋検査

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

先日、軽トラは綺麗にしとるけど自分(山下の愛車)は汚れとるぞ〜という会話が・・・

本当にそうなんですよ…。

軽トラに乗っている時間も長いですし汚れるのが嫌なので、気になってワックスまで掛けてあります。(笑)

軽トラにワックスを掛ける人はなかなか居ないのでしょうか?

汚いと気分も暗くなるので綺麗にしています!


本日は配筋検査について

たまに配筋(はいきん)検査と言うと違う背筋をイメージされる方も…。

ジムに行かれる方や鍛えている方は”背筋”をイメージされて建築関係の方は”配筋”をイメージされるのですね。

なかなか面白いですね。(≧∇≦)

(一日の仕事終わりに書いているので何言ってんだ?という事もありますが、気にしないでください。😅💦)


話は戻り、第三者機関の日本住宅保証検査機構(JIO)さんによる配筋検査を行って頂きました!

図面通りに鉄筋が正しく配置されているか?

配筋のピッチは正しく施工されているか?

かぶり厚さは確保できているのか? 

鉄筋の定着長さは? などなど

コンクリート打設後は見えなくなってしまう所ですが、お住まいの耐久性·強度(地震や災害に強く)に影響するため細かなところまで厳しくチェックしていきます!!

また、下記の様にスケール(メジャー)を当てて写真に残していきます。

コンクリート打設後は隠れて目で見て確認できなくなってしまうので・・・

一つ一つ、確認が大切です!

配筋検査 合格の後は型枠を組んでいきます!

基礎工事はお住まいを支える土台になりますので丁寧に!確実に施工を行います!!

配筋、よし!!


本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願いお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です