SWパネルの取り付け

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

今朝、車に乗ったらフロントガラスが凍っていました。最近寒いなーと感じていたら、、。

ただでさえ寒くて布団から出られないのに、フロントガラスの氷を溶かす作業が…。(^_^;)


当社が採用しております。SW(スーパーウォール)はお住い全体のお部屋の温度差が少なく、夏も冬も年中快適に暮らすことができます。

そのために、隙間なく気密と断熱施工が必須となります。超高気密高断熱のお住まい!が当たり前にできる工務店さん(建設会社さん)は数少ないようです。

こちらは、SWの壁パネル(外部面)です。パネルの釘を1本1本鉄砲で打っていきます。ここで肝心なのは打ち込み(めり込み)すぎないことです。

打ち込みすぎてしまうと、本来発揮される性能が全て出し切れないことがあるので少し釘を出すようにして、あとは玄能(ハンマー)で1本1本叩いていきます。

何千、何万本も釘を打っていくと、打ち忘れや打ちミスがある可能性があります。なので、打ち終わったあとに玄能で叩きながら確認することを徹底しております。外壁検査でも釘が正しく施工されているのかを再確認をしながら検査を行います。

ここまで来ると家の形がわかってきます。あ!ここに窓が入るんだ!ここにお風呂が来て、隣が洗面脱衣室かな?など とてもワクワクしてきますね♪

パネル作業を行うことで、お住まいの耐震・制震性能を高めることができます。そして安心・安全な住まいを皆様にお届けするため、常日頃から丁寧に施工を行っております。

赤線のところに釘が打ってあります。

本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です