内部外部作業 進行中!

皆さんこんにちは!凰建設の山下です。

天気予報を見ると30℃を超えた猛暑日(真夏日)が続いていますね。ほんとに暑いしか出てこないです。熱中症にならないようこまめに水分や塩分を補給をしていきましょう!

さて、話は変わり よくニュースで耳にする真夏日や猛暑日、熱帯夜があります。この違いは なんだろう?とふと思いましたので調べてみましたのでご紹介致します。

まずは「夏日」とは最高気温が25度以上になる日のこと。「真夏日」とは最高気温が30度以上の日。猛暑日とは最高気温が35度以上の日を指しているようです。

また「極暑日」という呼び名も新たに加わり最高気温が40度以上の日だそうです。最高気温が40度もあったら外作業は気をつけなければなりませんね。

最後に「熱帯夜」とは最低気温が25度以上 暑苦しく寝苦しい夜を指すようです。この他にもいろいろ気象用語がありましたので、またご紹介致します。


M様邸では外部プラスターボードが取り付けられていました!

プラスターボードとは石膏を芯材として、ボード用紙で覆ったボードです。耐火・防火・遮音・断熱性能があり、室内や外部の仕上りとなる下地材として使用されます。

また幅が3尺・長さが6尺(910mm×1820mm)のものが一般的です。他にも3尺×8尺・3尺×10尺と幅の寸法は変わらず長さが長くなります。なぜ幅の大きさは変えないのかと言いますと幅の3尺を大きくしてしまうと私たちが両手を伸ばした際に持てなくなってしまうからです。(1尺=約303mmです)

また、緑色のボードは外の外壁下地やお風呂周りなどの水を使用する場所に使用されています!

また室内では生づくりの(うづくり)の床を取り付けられていました!お大工さん方がmm単位で加工して取り付けていく作業は本当にカッコイイです!!

N棟梁 暑い中いつもありがとうございます。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です