地震の備え大丈夫ですか?

皆さんこんにちは!凰建設の山下です。

先日の問題でした。Q値が1.0・100平米(約30坪)のお住いの年間のエアコン料金は?の回答をご紹介致します。

岐阜地域の場合は、Q値×床面積×513をする事で年間の冷暖房費を計算することができます。
Q値1.0で、床面積100m2(30坪)のお住いですと、1×100×513=51.300 つまり、年間で51.300円の冷暖房費となる事が分かります。
(今回の問題は、2月23日(火曜日)のメルマガでご紹介されています!(一部変更あり))


本日は、地震についてお話したいと思います。

南海トラフ巨大地震・首都直下型地震は、今後 30年以内に発生するかもしれないと言われています。当社では耐震等級3 地震に強いお住いになっています。しかし、タンス・棚などが転倒してくる恐れがあります。なので、家具の固定をする事や出入口付近にはものを置かないなどの対策が必要となってきます。

次に、飲料・食料品の備蓄についてです。

地震発生をすると、ライフラインが止まってしまう恐れがあります。3日分の備蓄をすると考えると、飲料水は1人1日3リットルが必要となってきます。なので、2Lのペットボトルが5本あると安心です。

食料品では、ビスケット・チョコ・乾パンなど長期保存が可能なものが良いです。

万が一 災害が発生した場合、避難場所(家族が集まる場所)や各家庭の防災用品が置いてある場所を再度、ご家族みんなで確認してみるのも良いかもしれませんね。

本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です