昇降階段の段取り

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

第2.第4金曜日は監督会議があります。

ここでは一体何を話し合っているのでしょうか?

工事現場の品質や安全管理、工事の進捗状況について今月の予定、来月、再来月…。と進捗会議で話し合っていること以上に詳細に話し合っています。

弊社には社員大工がいます。新築工事や増改築(リフォーム)工事をいつから入っていつまでに施工させるのか?を共有をしたりしています。


H様邸では、昇降階段を建てました。

大屋根・下屋根での作業をする際にハシゴを建てなくても昇降階段から材料を持って昇り降りする事が出来ることは、安全性が格段に違います。

ハシゴの場合だと、両手が塞がってしまうことがありますが昇降階段があると両手が塞がるという恐れが格段に減らすことができます。

もし事故が起こってしまったらと考えると、とても怖いです。何か起こってから対策を考えるのではなく、ここが危険だから今回はこういう対策をする。

各現場での危険予知を常日頃 考えています。

本日は安全管理のご紹介でした。

本日もブログをご覧下さいましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です