目透かし天井 完成しました!

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

この時期になると、よく服にくっつく植物『くっつきボンボン』別名:ひっつき虫と言われています。

代表的なものをご紹介致します。

1つ目はセンダングサという、黒くて平たく先端が2つのトゲが付いている植物。これが服に着くと撮るのがなかなか大変です。

2つ目はヌスビトハギという、緑色の枝豆みたいな小さい版が知らないうちに服にくっついていた事がある方も見えるのではないでしょうか。

さてさて、今年も最後の草刈りに管理地まで行ってきました!

草刈り後は1人で自画自賛ですね。笑


本日は目透かし天井をご紹介致します。

目透かし天井(めすかしてんじょう)とは、和室の天井の仕上げ材として使われていて天井板をぴったり継ぎ合わさないで、板と板の継ぎ目にすき間をあけて張る工法のことをいいます。

今まで取り付けられていた目透かし天井を解体し新たに施工する工事でしたので、下に置いてあるお荷物などはホコリで汚れてしまわないよう養生をしてから行いました。

養生をするのが当たり前ですが、できていないことがあったりするので事前に段取りをしてスムーズに作業が進むようにしております。

1スパンが大きいので二人がかりで天井を張っていきました。

なんと言っても張り始めや納めが大変な作業になりましたが、職人さん方との念入りな打ち合わせをして以前のものよりも良い仕上がりになったと思います。

お施主様には工事中、ご不便ご迷惑をお掛け致しましたがご協力いただきましてありがとうございました。


本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です