H様邸 地盤改良

皆さんこんにちは!

凰建設株式会社 工事部の山下です。

今度、地下で工事をするので養生をしていたのですが地下には電波が届かないみたいで圏外になっていたようです。(全然気が付きませんでした…。)

今日は電話が少ないな〜と思っていたら、、。

ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。地上に出た際の通知の量には驚ましたが、養生の作業は順調に進んでよかったです!

養生が確実にされていないと職人さんも安心して作業出来ませんからね。(ง •̀_•́)ง


本日は地盤改良工事をご紹介致します。

先日の地盤調査の結果を受けまして地盤改良工事を行いました。

地盤改良工事って一体何なのか?なぜする必要があるのか?詳しく見ていきましょう。

お住まいを建てた際、地面が柔らかかったりするとお住まいの重みによって地盤が沈んでしまうことや、基礎からお住まいが傾いてしまう恐れがあります。

特に地震など天災が起こった際に思いもよらないことが起こってしまう恐れがあります。このような事が起こらないよう地盤を確実に補強するために地盤改良工事を行っています。

地盤改良には、3つの工法があります。

1つ目は、表層改良工法といい地表面だけを固める工法になります。

2つ目は、柱状改良工法といい強固な地盤までセメントミルクを噴射注入し、土の中にコラムと呼ばれる柱状体を造る工法です。

3つ目は、鋼管杭工法といい地中に鋼製の杭を垂直に打ち込むことで地盤上の構造物を支える工法です。


様々な工法がありますが、柱状改良工法を採用しています。


地盤内に固化材スラリー(セメントミルク)を注入しながら大きな重機で掘削しながら土に混ぜて柱状の杭を形成していく事で地震に強い地盤が出来上がります!

一般的に地盤面から支持層までの深さが2〜8mの場合に用いられる工法で、径 500〜600mmの杭を形成していきます。

”施工中の様子”

地盤改良工事後は見えなくなってしまう所になってしまいますが、確実に丁寧に施工を行いこれから何十年と安心して頂ける家づくりを行っております。

これから基礎工事が着工致します!

またご紹介致しますね♪

”地盤改良後”

本日もブログをご覧下さいましてありがとうございました!今後ともよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です