S様邸 土台伏せ

皆さんこんにちは!凰建設の山下です。

今日は3月11日 東日本大震災から10年が経ちました。

当時、私は小学5年生でした。授業を中断して震災のニュースを見たのを今でも鮮明に覚えています。

今年も14時46分に黙とうを捧げました。震災により亡くなられた方々へ改めて哀悼の意を捧げます。被災されたすべての方々にに心からお見舞いを申し上げます。

県道287号線の堤防沿いにある倉庫


本日は土台伏せについてご紹介致します。

土台伏せとは、基礎の上に基礎パッキンを敷き並べて、土台となる木材を伏せて固定することです。最近はあらかじめ工場でプレカット加工されたものを使っています。

下の写真を見ていただくと、黒い物が基礎の上に敷いてあります。これを基礎パッキン(土台パッキン)と言います。基礎と土台の間も隙間のないよう丁寧に施行を行いました!

基礎に打ち込まれているアンカーボルト、ホールドダウンの場所を土台に穴を開けていきます。穴を開ける際、曲がっていると建物全体が曲がってきてしまうので慎重に施行を行いました。

アンカーボルトは基礎と土台を固定。ホールドダウンは基礎と柱を固定します。

土台・大引き・材料搬入が終わり、いよいよ上棟です!

良い天気になることを祈っています。

本日もブログをご覧頂きましてありがとうございます!今後ともよろしくお願い致します。

新築工事・改築工事・改修工事(リフォーム・リノベーション)など様々なご相談・お困り事などお気軽にお問い合わせください。

凰建設 電話番号➩058-243-2173

来場予約について➩こちらをクリック♪

メルマガの申し込み➩メルマガ登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です